STEP3 ディーラー訪問1回目

それでは早速、ディーラーでの値引き交渉を成功させるための方法を見ていきましょう!

ディーラー訪問の予約は必要か?

初めてディーラーに行く際には、必ず予約してからディーラーを訪問しましょう。予約の際には、車の試乗の希望も伝えてください。初回訪問時に購入したい車に試乗しておくことで、その後の値引き商談をスムーズに進めることができます。予約なしで訪問すると、試乗したい車がない(希望するグレードの車がない)場合がありますので、必ずディーラー訪問は予約してから行きましょう。

またディーラーを訪問する前には、ズバット車買取比較 の無料一括査定サービスを利用して、近所にある複数の中古車買取店から今乗っている車の買い取り査定を済ませておきましょう。

おおよその買い取り額を調べておけば、ディーラーに下取りしてもらう際に下取り価格をアップしてもらうことができ、結果的に新車を値引きして購入する事ができます。もしディーラーの下取り価格より中古車買取店の買い取り価格の方が高ければ、そちらに売却するのもアリです。

ディーラー訪問前には、ズバット車買取比較 で愛車の買い取り価格の相場を調べておくと、値引き交渉に役立つ!

ディーラー初回訪問時にすべきことは?

初めてディーラーを訪問する際にすべきことは、(1)試乗する(2)ライバル車とで迷っていることを伝える(3)見積書をもらう(4)次回訪問日を約束する、以上の4点です。

ディーラーを訪問する際には、必ず最初にライバル車の見積もり資料をもらってから、本命の車のディーラーを訪問しましょう。STEP1の手順でネットの新車見積もりサービスを利用する、もしくは直接ライバル車のディーラーを訪問して見積もりを取ります。ライバル車のディーラーを直接訪問する場合は、ある程度時間が取れるなら午前中にライバル車、お昼をはさんで午後に本命の車のディーラーを訪問するのがお勧めです。

見積書を下取り車ありとなしの2通り作成してもらう

試乗が終わったら、担当者の方と具体的な話をしていきます。まずは試乗した車のアピールポイントの話などから始まります。そして具体的に新車購入の話になってきたところで、本命の車のディーラーに「本命の車とライバル車とで迷っている」という事を伝えます。また、ただ迷っているのではなく、「より値引きしてくれる方と契約します」というスタンスで交渉することで、より大きな値引きを引き出すことができます。

本命の車とライバル車で、より値引き額の大きい方と契約する事を伝えましょう!

見積書は2種類作成してもらう!

ディーラーの担当者との話が大体まとまったら、実際に見積書を作成してもらいます。ここで重要なことは、必ず「下取り車がある場合」と「下取り車がない場合」の2通りの見積書を作成してもらう、ということです。下取り車がある場合とない場合とで値引き金額がどのぐらい変わるかを知り、下取り価格が中古車買取店での査定と比べて安い場合は、中古車買取店に車を買い取ってもらう方がお得な場合も十分考えられます。この時にズバット車買取比較 で調べて置いた愛車の買取査定価格が参考になります。

見積書は必ず下取り車「あり」と「なし」の2通り作成してもらうこと!

「下取り車がある場合」と「下取り車がない場合」の2通りの見積書を作成してもらったら、1回目のディーラー訪問は終了です。続いては2回目のディーラー訪問に向け、STEP4で下取り価格と買取価格の差額がどのぐらいかをチェックします。ディーラー訪問前には、必ず今乗っている愛車の買い取り価格の相場を調べ、ディーラーの下取り価格をアップしてもらいましょう。

ズバット車買取比較 で買取価格を調べておこう

ディーラー訪問前の準備(1)ライバル車の選定・見積額調査 詳細はこちら
オートックワン新車見積もりでライバル車の見積もりを取っておきましょう。

ディーラー訪問前の準備(2)今乗っている車の買取額の調査 詳細はこちら
カービュー車買取比較 で今乗っている車の最高買取額を調べましょう。

ディーラー訪問1回目 試乗・見積書を2通り作成してもらう 詳細はこちら
下取りあり・なしの2通りの見積書を作成してもらいましょう。

ディーラー訪問2回目 下取り車の査定額アップの交渉をする 詳細はこちら
STEP2の中古車買取店の査定額を元に、下取り価格のアップ交渉をしましょう。

最後のもうひと押し 諸費用カット・オプション値引きの交渉 詳細はこちら
諸費用カットや同等のサービスをお願いしましょう。

このページの先頭へ