STEP4 ディーラー訪問2回目

下取り車の査定額アップを狙う

STEP3のとおりディーラーの1回目の訪問を終えたら、作成してもらった下取り車ありの場合の見積書から、ディーラーでの下取り価格と中古車買取店での買取価格を比較します。基本的には、ディーラーの下取り価格よりも中古車買取店の買取価格の方が高いはずです。大事なのは、その差額がどのぐらいかということです。目安としては3万円以上下取り価格が安い場合は、中古車買取店に買い取ってもらった方がお得です。ですので、2回目のディーラー訪問時に下取り価格をその程度まで上げることを狙いましょう。

2回目のディーラー訪問で、買取価格をもとに下取り価格アップを交渉する!

ディーラー2回目の訪問時の具体的な話の流れとしては、「最初に出してもらった見積書の下取り価格より、中古車買取店の買取価格が高かったので、もう少し下取り価格は上がりませんか?」というような内容の話をします。ディーラー側もこのあたりは慣れているはずですので、割とスムーズに話は進むかもしれません。

買取価格と下取り価格とであまり査定額に差がない場合は、新車購入後のアフターサービスの事なども考慮してディーラーに下取りしてもらった方が良いでしょう。ですのでディーラーとの交渉で大事なことは、下取り価格をいかにして上げてもらうか(中古車買取店の買取価格により近づけてもらえるか)、ということです。その際の目安としては、ディーラーでの下取り価格が中古車買取店の買取価格より2~3万円程度安いぐらいなら、ディーラーに下取りしてもらう方が良いです。

ただし、この際にあまりしつこく下取り査定額のアップを迫るのはやめた方が良いです。というのも、値引き額と下取り額が決定したら、今度は諸経費やオプションパーツの値引きの話などもしていきます。この時点であまりしつこくしてイメージを悪くしてしまうと、後々の値引きに影響してしまいます。

しつこすぎる値引き交渉はNG!車両本体以外の値引きに悪影響が出てしまいます。

中古車買取店の価格よりも2~3万円程度安いぐらいなら、下取り査定額としては十分です。また、下取り査定額をアップしてもらったら、「本当に助かります」など感謝の言葉をひとこと言っておきましょう。

車両本体の値引き交渉が済んだら、STEP5で今度は諸経費のカット・オプションの値引き交渉で最後のもうひと押しをしましょう。

ディーラー訪問前の準備(1)ライバル車の選定・見積額調査 詳細はこちら
オートックワン新車見積もりでライバル車の見積もりを取っておきましょう。

ディーラー訪問前の準備(2)今乗っている車の買取額の調査 詳細はこちら
カービュー車買取比較 で今乗っている車の最高買取額を調べましょう。

ディーラー訪問1回目 試乗・見積書を2通り作成してもらう 詳細はこちら
下取りあり・なしの2通りの見積書を作成してもらいましょう。

ディーラー訪問2回目 下取り車の査定額アップの交渉をする 詳細はこちら
STEP2の中古車買取店の査定額を元に、下取り価格のアップ交渉をしましょう。

最後のもうひと押し 諸費用カット・オプション値引きの交渉 詳細はこちら
諸費用カットや同等のサービスをお願いしましょう。

このページの先頭へ